アイドル戦国時代への思うところΣ(゚∀゚*)

アイドル戦国時代

「アイドル戦国時代」とはいったものの、
見かけの売り上げやメディア露出は圧倒的にAKB48(48グループ)ですね。

 

ピークはすでに過ぎていますが、
このAKB48を筆頭とする48グループを倒すことは
一般的な視点を持ってみても容易なことではないでしょう。

 


 

根本的には個々人で好きなアイドルがいればそれでいいと思いますので
どこが一番かわいいとか、ここが一番楽しいとか、あっちよりこっちがいい等
比較するつもりは毛頭ないです。

 

現に私は48グループ以外のアイドルに興味がないので
他のアイドルグループにどんなメンバーがいるかも知りませんし、
誰がかわいいとかどの曲がいいとか分かりません。

 


 

 

どのアイドルグループも素晴らしいということを前提に意見を言えば、
少なくとも近年のアイドル業界をけん引してきたのは48グループだと思います。
48グループの先駆け、AKB48が何かとアイドル界の話題を振りまき、
世の中からの視線を引き付けたのは間違いありません。

 

48グループの活躍がアイドルというジャンルを確立させて、
様々なアイドルにも注目が行くようになったというのが現在の図式なのかなと
率直に思います。

 

地下世界にはまだまだ数多くのアイドルが存在するのも事実です。
自称含めてアイドルはいったい何人いるんだっていうくらいいます。
そして様々な活動をされています。

 

それを考えると戦国時代という表現はしっくりこないんですよね。

 

一般的に認知されているアイドルは成功者達なので、
もっと売れたいはもちろんあるかと思いますが、
それぞれの個性を大切に、活かすべき魅力を明確にして
領土を奪い合うのではなく、共有していくのが正しいのかなと。

 

そもそも48グループ内にも国内だけで
AKB48、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48とグループがあり、
それぞれの魅力があります。

 

アイドル戦国時代

 

全部のグループが好きな方もいれば
一部のグループのみが好きな方もいます。

 

それら含めてすべて混在するのが
今のアイドル界なのかなと。

 

少し主観が強い意見となるので、
客観的な視点をもっての意見も記しておきます。

 

戦国時代というような争い的なイメージというよりは
アイドルの中でも個々のコンセプトや方向性がはっきりとしている印象です。

 

48グループは会いに行けるアイドルの先駆け、このグループが確立した
握手会の文化は他のアイドルには超えられることはないでしょう。

 

一方でメンバーのコンセプトは48グループと異なる坂道シリーズは、
公式ライバルのポジションにふさわしい活躍ぶりです。

 

 


 

 

 

同じプロデューサーですが、明らかに違いがあります。

 

モーニング娘。16は上記のグループから尊敬されるようなグループで
AKB48が流行るはるか前からあるグループとい存在感はさすがの一言です。

 

ももいろクローバーZについては48グループより先に
国立競技場でコンサートを実施している実力あるアイドルです。
昔のメンバーがもとSKE48だったとかいろいろありますが、
一生懸命さ、全力さといったらこのアイドルグループの右に出るグループは
ないのではないでしょうか。

 

BABYMETALは世界に通用しているアイドルグループです。
圧巻のライブはどのアイドルグループにも真似できないと思います。
ちなみにメインボーカルのお姉さんは乃木坂46のメンバーです。

 

あとアイドルと言うと怒られるのですが、
E-girlsもダンスキレッキレの他にはないグループですよね。

 

Rev. from DVLも1000年に一度の逸材のメンバーがいたりと、
各グループごとに譲れないコンセプトと強みがあるわけですね。

 

戦後時代の終わりはどれかのアイドルグループが頂点とって
他は衰退ということではなく、アイドル界として
すべてのアイドルグループが廃れていくと思います。