アイドルの生写真を生業にしている団体に注意です。

アイドルの生写真を生業にしている団体に注意です。トレーディング事情

生写真買取

 

生写真のやり取りを経験していく度に、
生写真を生業にしている団体への嫌悪感が増しました。

 

とにかく団体という数を優位に展開し、
個人で接してくる人たちに不利な状況でトレーディングを持ち掛けるという
非情な団体ということが明白になっていきました。

 

だからこそ自分ができたことが、
優良なトレーディングを心がけることです。
そういった無茶苦茶ともいえるトレーディングを経験してしまった人たちからすれば、
自分が行っているトレーディングが素晴らしいものに映るそうです。
そのおかげで、スムーズな取引ができました。

 

今ではトレーディングを積極的に行うこともなくなりましたが、
その頃の精神は今でも忘れていません。

 

 

さて、私事になりますが、
自分がトレーディングエリアで苦手とするトレード相手を教えたいと思います。
それは「子ども」です。

 

単純に甘くなってしまうのです。
子どもがほしいといった生写真をどうにか提供してあげられないかなといった感情になり、
多少相手の手持ちが寂しくとも、何とかそのトレードを背率させようと努力してしまうのです。
ですので、トレーディングエリアで子どもが目に入ったら、「こっちに来ないでくれー」と心から祈っています。

 

来られたら最後、自分のとっておきまで放出しかねません。
子連れできているお父さん、卑怯な真似はやめていただきたい。子どもを使って同情をひくなんて、許せません。
そう、こんな相手の作戦にやられてしまったことも何度もあります。

 

トレーディングエリアで禁止とされている行為は、現金のやり取り、全国握手会参加券と写真の交換です。
この行為は禁止されていますが、結構見かけます。特に生写真のレートが高い写真になりますと、そのレートと合う写真がなかなかありませんので、
その際に現金での交渉や、全国握手会参加券とのトレードを持ち掛けるといった流れになるのは王道といえば王道でした。しかしながら禁止行為にあたるので、
それこそ大々的に訴求することはできませんでしたが、隠語等を使ってそもそも募集している人も実際には存在しました。

 

トレーディングエリアは早期に入場することで、自分のシマが持てます。そのシマで自分の手持ちを展開し、来る人の目を引く努力をするのです。
所謂、露店と同じ感覚ですね。

 

 

乃木坂46 生写真 トレード あるある

 

 

乃木坂46生写真トレードにおける
あるある?やエピソードを集めてみました。
時々実物を用いて紹介します。

 

 

 

AKBグッズ、アイドルグッズ買取比較