中学生時代に好きになったアイドル

中学生時代に好きになったアイドル!思いで自己分析〜

中学生時代といえば、
ASAYANというテレビ番組が流行っていたきっかけで
モーニング娘。が好きでした。

 

モーニング娘。 『ザ☆ピース!』 (MV)

 

 

 

結成当時から安倍なつみが好きで、
初めて購入した芸能人の写真集は
なっちの写真集でした。

アイドル戦国時代

(今ならアマゾンで1円で購入できます ('∀';`))

 

 

モーニング娘。については高校に入ってからも
共通の話題にあがることが多く、
誰が好きというような話をよくしていました。

 

それぞれの友人の好みが反映されていて
楽しいひと時を過ごしていたなと思い出します。

 

基本的には加護ちゃん派と辻ちゃん派で分かれて
論争に発展して、そのうち戦争になるという図式が
学生生活の日常でしたね。

 

その当時はハロープロジェクトの勢い凄まじく、
別グループとのシャッフルユニットのCDも買いましたし、
派生ユニットのCDも買っていました。

 

個人的にはタンポポが好きでしたね。
曲が好みだったので。

 

この当時はコンサートに行くくらいが活動の限界でした。
今のAKB48のような握手会の話はありませんでしたし、
少なくとも誰でもいけるようなイベントはなかったと思います。

 

お金の使い道は主にCDとDVDとグッズその他ですね。
自分の場合はモーニング娘。のトレーディングカードにはまりました。
昔からコレクターイズムがあったので(ビックリマンシールくらいから)、
こういったグッズには毎回翻弄されていました。
高校生にとっては高かったです。5枚入りで500円ほどしました。
もしかしたら実家の物置にでもまだ残っているかもしれませんね。

 

あとは同じASAYANからで鈴木亜美とか好きでしたね。
ソロになるのでどのメンバーがということもなく、
みんな好きっていう印象でした。

アイドル戦国時代

 

 

対抗勢力はSPEEDです。
SPEEDでも誰が好きかという話は鉄板でした。
曲や歌唱力はSPEEDが抜けていた印象ですね。

 

今ではSPEEDのメンバーが国会議員をしている時代ですもんね。
当時の自分が聞いたらびっくりするでしょうね。

 

あの時代は今の48グループのように
ハロープロジェクトが圧倒的にアイドル界をけん引していました。
コラボレーションしたゲームとかも出ていましたね。

 

当時に今のような握手会があったらなという思いとともに
なくてよかったと安心する自分がいます。

 

当時にはまった記憶から、
現在に48グループにはまる下地がしっかりと
できていたんだなと改めて再認識しました。

 

 

 

 

 

 

 

アイドルグッズ買取TOP