小嶋陽菜の卒業シングル シュートサイン

小嶋陽菜の卒業シングルの発売が発表されたがメインの話題はそこか

小嶋陽菜の卒業シングル「シュートサイン」が2017年3月15日に発売が発表されました。

 

ビルボードランキング 1位シュートサイン129万枚


 

 

もちろん小嶋陽菜がセンターではあるのですが、
本シングルの選抜メンバーがまず多いです。総勢32名です。
しかしながら各グループ意外な選出もあったようで、少なからず選抜メンバーについても話題になっているようです。

 

と本来ならば小嶋陽菜の卒業おめでとうムードが漂ってもいいようなものの、
サプライズとしての発表はそこではありませんでした。

 

「坂道AKB」

 

このワードが賛否両論をよんでいるのです。

 

実はこのシングルで、AKB48と乃木坂46、欅坂46がコラボするというのです。

 

今まで小嶋陽菜については
じゃんけん大会で乃木坂46のメンバーを引き連れたり、
某シングルのカップリングでこじざか46として楽曲コラボしたりと、
乃木坂46と密接に関わる機会はありました。

 

今回はグループを巻き込んでのコラボレーションになるとのことです。
ファンとしてはうれしいながらも戸惑ってしまうことは避けられません。

 

多くの人が心に感じることは
AKB48の公式ライバルが乃木坂46でその妹分が欅坂46であるはず、
なぜライバル同士が仲良くコラボなんだと、そんな思いです。

 

AKB48グループが好きで、乃木坂46も好きな人は絶対に多くいるとは思いますが、
AKB48グループ一筋、乃木坂46一筋というファンの方も絶対にいるはずです。

 

その方たちの思いを考えると、
まあ複雑ですね。

 

 

シュートサインのこの動き、簡単そうに見えてめちゃくちゃ難しくない?


 

 

昔から公式ライバルと公言しながらも、
乃木坂46のメンバーにはAKB48さんは偉大で素晴らしい大先輩という印象が払拭できないと
思っていましたが、今回のこのコラボレーションによってますますそのイメージが強固なものになりました。

 

坂道シリーズのファンからすれば、
いつか超えてほしい存在であるAKB48です。

 

コラボレーションは即ち共存であり、
お互いに協力して頑張っていこうね、とうことなのではないでしょうかと
感じずにはいられません。

 

昨年の紅白歌合戦を振り返れば、
坂道シリーズに軍配はあがっています。

 

別の視点で考えれば
とうとうAKB48グループが焦ってきた、そうのようにも捉えることができます。

 

正直なところ、どちらのグループも好きな私からすると、
楽しみでしょうがありません。

 

もっともっと、様々な場面で切磋琢磨してほしいなと願うばかりです。

 

 

 

 

 

 

アイドルグッズ買取価格は?