豆腐プロレスに見るAKB48グループの新たな可能性

豆腐プロレスに見るAKB48グループの新たな可能性

豆腐プロレスに見るAKB48グループの新たな可能性

 

キャバクラの次は女子プロレスが舞台となる、AKB48グループのドラマが新たに始まりました。

 

さや姉、百花と美瑠の豆腐プロレスについて語る


 

その名も「豆腐プロレス」です。

 

はじめにこのタイトルが発表されたとき、
豆腐って何だろうと疑問がわきました。

 

単に主人公が豆腐屋の娘さんなのですね。

 

もしかしたらAKB48グループが好きで、
プロレスも好きな方はいるかもしれません。

 

しかしながら本ドラマの狙いは、
完全にAKB48グループをきっかけとした
新規のプロレスファンの取り込みだろうと思わずにはいられません。

 

その要因となるのが、
放送局がテレビ朝日であることです。

 

今までテレビ朝日でAKB48グループのドラマってあったかなーと思うほどです。

 

そもそも新日本プロレスの監修ありなので、
AKB48グループながら本格的なプロレスという要素も含んでいますね。

 

そして、思った以上にキャラが際立っています。もちろん良い意味でです。

 

他局にはなりますが、
キャバすか学園にも見られた松井珠理奈と宮脇咲良の対極の構図は本ドラマにも反映されています。

 

この新旧エース対決は現実をはじめ、
様々な場面に引用されることはもはや鉄板ですね。

 

マジすか学園からお馴染みの演出になっています。

 

グループで見ていくと、
年齢も上がり仕事の幅も増え、グループのエースとして
松井珠理奈がけん引する、今こそ再起をかけるSKE48という第一姉妹グループがあり、
人気の留まるところを知らない、エース宮脇咲良を携えるHKT48というグループ。

 

同じ48グループの中にありながら、切磋琢磨のこの構図は、
グループ推し間の更なる高まりを象徴しています。

 

こういった視点で見ると、本家のAKB48は誰を中心でいくのか
攻めあぐねているような感じは否めません。

 

次々と新しいメンバーが台頭する中、
AKB48としては島崎遥香が卒業してしまい、次の中心人物がまだ不在です。

 

最近人気も勢いも右肩上がりのチーム8に頼るのもなんか違うかなと正直思ってしまいます。

 

そういった本家の不振もあり、ファン層も坂道シリーズに移行してきている現実も納得してしまいます。

 

そもそもコンセプトは違うので、必ずしもファン離れが進んでいくとは限りませんが
勢いは坂道シリーズにあるのではないでしょうか。

 

そういった点も踏まえて、
キャバすか学園で乃木坂46のWエースが出演したように、
この豆腐プロレスでも出演を期待しています。

 

いつの日か本格的に48グループと坂道シリーズがキャスティングされるドラマが実現することを
期待せずにはいられません。