AKB48 2017年選抜総選挙をあらためて振り返る

AKB48総選! 波乱の2017年選抜総選挙をあらためて振り返る

2017年選抜総選挙をあらためて振り返る

 

 

選抜総選挙が開催されてから
2ヵ月弱経った今だからこそあらためて振り返ってみます。

 


 

まずは結果から。

 

【選抜メンバー】
1.指原莉乃 HKT 246376票
2.渡辺麻友 AKB 149132票
3.松井珠理奈 SKE 113615票
4.宮脇咲良 HKT/AKB 82803票
5.荻野由佳 NGT 73368票
6.須田亜香里 SKE 63124票
7.横山由依 AKB 58314票
8.惣田紗莉渚 SKE 52475票
9.岡田奈々 AKB/STU 48143票
10.北原里英 NGT 45684票
11.高橋朱里 AKB 42663票
12.白間美瑠 NMB/AKB 41491票
13.本間日陽 NGT 41230票
14.古畑奈和 SKE 40202票
15.高柳明音 SKE 38576票

16.吉田朱里 NMB 35540票

 

【アンダーガールズ】
17.向井地美音 AKB 35201票
18.松村香織 SKE 34977票
19.峯岸みなみ AKB 34688票
20.須藤凜々花 NMB 31779票
21.加藤玲奈 AKB 30282票
22.大矢真那 SKE 30236票
23.中井りか NGT 29953票
24.小嶋真子 AKB 29699票
25.高倉萌香 NGT 28623票
26.大場美奈 SKE 28554票
27.太田夢莉 NMB 28457票
28.田中美久 HKT 28355票
29.川本紗矢 AKB 28118票
30.倉野尾成美 AKB 28037票
31.森保まどか HKT 27384票

32.福岡聖菜 AKB 26444票

 

【ネクストガールズ】
33.加藤夕夏 NMB 25988票
34.渕上舞 HKT 25900票
35.朝長美桜 HKT/AKB 25733票
36.江籠裕奈 SKE 25731票
37.矢吹奈子 HKT/AKB 25364票
38.冨吉明日香 HKT 24996票
39.村瀬紗英 NMB 24585票
40.田島芽瑠 HKT 24458票
41.西潟茉莉奈 NGT 24401票
42.岩立沙穂 AKB 24303票
43.佐々木優佳里 AKB 24276票
44.鎌田菜月 SKE 24108票
45.谷口めぐ AKB 23304票
46.後藤楽々 SKE 23225票
47.久保怜音 AKB研究生 22895票

48.沖田彩華 NMB 22264票

 

【フューチャーガールズ】
49.坂口理子 HKT 21643票
50.田中菜津美 HKT 21472票
51.小栗有以 AKB 21296票
52.込山榛香 AKB 20910票
53.山口真帆 NGT 20888票
54.植木南央 HKT 20640票
55.武藤小麟 AKB研究生 20356票
56.竹内彩姫 SKE 19919票
57.谷川愛梨 NMB 19752票
58.荒井優希 SKE 19467票
59.松岡菜摘 HKT 19372票
60.渋谷凪咲 NMB/AKB 19263票
61.市川美織 NMB 18814票
62.本村碧唯 HKT 18363票
63.熊崎晴香 SKE 18299票

64.北川綾巴 SKE 18052票

 

【アップカミングガールズ】
65.太田奈緒 AKB 17757票
66.谷真理佳 SKE 17744票
67.永野芹佳 AKB 17662票
68.佐藤すみれ SKE 17320票
69.坂口渚沙 AKB 17303票
70.宮島亜弥 NGT研究生 16930票
71.加藤美南 NGT 16641票
72.小畑優奈 SKE 16511票
73.樋渡結依 AKB 16492票
74.茂木忍 AKB 16393票
75.大森美優 AKB 16162票
76.後藤萌咲 AKB 16097票
77.角ゆりあ NGT研究生 15990票
78.高畑結希 SKE 15804票
79.豊永阿紀 HKT研究生 15598票

80.松岡はな HKT 15386票

 

指原莉乃が史上初の3連覇を達成しました。

この結果については、特別不思議なことではなく、予想通りかなと。

 


 

渡辺麻友のファンは1位奪還を掲げて
今回の総選挙に臨んだとは思いますが、
外野からは返り咲きのイメージはまったく
ありませんでした。

 

個としてのパワーの違いが
明白に出ていた部分が勝ち負けに影響しているのでしょう。

 

そして今回渡辺麻友が卒業を発表しましたが、この件についても予想通り感は否めなく、予定調和なストーリーでした。

 

結婚宣言で一部話題をかっさらった形になった須藤凜々花について、誰が目論んだ展開かはさておき、大量に投票したファンの立場を考えると想像を絶しますね…。

 

哲学アイドルや麻雀アイドルを代名詞に活動してきた彼女、一時期はNMB48のセンターも務めていました。
独特な雰囲気に惹かれたファンも大勢いたと思います。
彼女をより有名にするために、総選挙頑張ろうと意気込んだ結果、彼女自ら勝手に有名になっちゃいました。
後日開催された握手会に参加したようですが、レーンには人がほとんどいなかったようです。
当然の結果ですね。

 

と、世間一般ではこの結婚宣言が取り上げられ過ぎて、総選挙の考察がまったく話題にならなかった2017年。

 

別記事にて、
もう少し違った視点で振り返ってみます。